【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

『思考の整理学』 



外山 滋比古 著の「思考の整理学」を読みました。
帯に「東大・京大で1番読まれた本」って書いてあったので、ついつい「何が書かれているんだろう!?」という好奇心で読んでみました。

「思考の整理学」というタイトルの通り、自分の脳にインプットされる情報って、どう整理すべきなのかな、というのが主題ではありますが、それ以外にも、情報のインプットの仕方、そしてインプット&整理後のアウトプットの仕方なんかも紹介されています。

なぜ「東大・京大」という表現が帯にあったのかというと、きっとこの「情報のインプット⇒整理⇒アウトプット」指南が、学生さんの論文執筆に非常に役立つからなのだろうと思います。

では、だからと言って社会人はこの本から何も得られないのかと言うと、決してそうではありません。思考の整理に最も大事なこと、つまり、「忘れること」について学ぶことができます。

これまでの学生時代なんかを振り返ってみると、「覚えろ」と言われ続けて勉強してきましたよね。でも、言われた通りに、脳という倉庫にあれやこれやと情報を詰め込んだところで、何が起こるかというと、不要な情報までしっかり保管されてしまうんですよね。そうすると、そんな風に色んなものがやたらめったら詰め込まれた倉庫では作業効率が落ちちゃうし、新しい情報を作り出すこともできなくなっちゃう。だとすると、大事なものを残して後は処分し、すっきりとした作業スペースを確保する必要があるわけです。そこで、著者いわく、「忘れましょう」ということになるのですね。

私達は眠ることでも日々色々と忘れていますが、基本的には、自分にとって面白いと感じられるコトはいつまでもちゃんと覚えているし、そうでなければ忘れていくものらしいです。そして、その「忘れる・忘れない」の基準となるのが、自分の価値観なのだそうです。なるほど。

そうそう、人は書くことでも忘れるんだそうです。よくセミナーとかで必死にノートに色々書き取っている方を見かけますが、著者いわく、書くと書いたことに安心して、結局さくっと忘れるのだとか(余談ですが、書くことに必死になっちゃうと、その間に与えられた情報をまるまる聞き逃してしまうこともありますよね)。・・・つまり、逆に「忘れたければ書く」というのもアリなのだそうです(へぇ!)。

なるほど、板書丸写しの学生時代の私の成績が芳しくなかった理由は、ここにあったか(笑)。

・・・といった感じで進んでいくこの本、基本的には学生さん(もしくは物書きさん?)向けかなとちょっと思いましたが、そうでない私でも学べる要素が多い本でした。
関連記事

カテゴリ: 【6】 読書あれこれ

テーマ: 心理学いろいろ - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2012/11/30 Fri. 19:14    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail