【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

『初のG8認知症サミット始まる』 

20131212(1).jpg


NHK Web News 2013年12月11日付の記事『初のG8認知症サミット始まる』を読みました。
前回の記事に続いて、認知症関係の記事をもう一つ。

イギリスのロンドンで世界初のG8認知症サミットが開催されています(いや、もうそろそろ開催され"ました"かな?)。前回の記事でも書きましたが世界的に高齢化が進む今、認知症患者は世界で約4,400万人。2050年までにその数は3倍になるだろうと予想されています。そうすれば必要となる費用も3倍にということになりますね。キャメロン首相の言葉通り、「認知症をガンやエイズと同じように世界の重要課題だと認識し抜本的な対策を講じなければならない」時代になったのですね。

早期診断や予防そして症状の進行を遅らせる医療的な対策の確立も必要でしょうし、発症後の支援体制については、サミットの回数が重なるにつれて、参加国それぞれの取り組みから色んな事が学べるのかもしれませんね。多様な文化背景や地理条件での工夫から、自国に取り入れられるヒントが得られるのではないかと期待しています。ちなみに日本ではこの10月から、独り暮らしの高齢認知症患者の地域サポートが国立市で始まったと、同じくNHKニュース記事で知りました。患者さんが一人でも安心して暮らせるような、症状に応じたサービスの提供だそうです。将来どのような結果が出るのか注目していたいと思います。

サミットではどのような意見が交わされているのかな。数日経ったら、Alzheimer's Disease Internationalをチェックしてみようかなと思っています。
関連記事

カテゴリ: 【3】 認知症 

テーマ: 認知症いろいろ - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2013/12/12 Thu. 00:59    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail