【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

『睡眠不足が認知症を招く原因に?』 

20131208(1).jpg


Newsweek 2013年11月25日付の記事『睡眠不足が認知症を招く原因に?』を読みました。
原因や影響を受ける脳の部位によって様々な種類のある「認知症」ですが、この記事では認知症の中でも最も多いタイプの「アルツハイマー型認知症」に関わる睡眠の役割が紹介されています。

アルツハイマー型認知症は、超ざっくり言えば脳組織の委縮による認知機能障害なわけですが、そもそもの原因はまだ解明されていないと聞いています。それでもいくつかの説はあって、「脳内組織にアミロイドβ(というタンパク質)が蓄積して、それが脳組織の委縮を引き起こす」というのが一番有力な説のようです。

で、このアミロイドβなんですが脳の老廃物でして、老廃物は覚醒時に脳内に蓄積するんだそうです。もともと誰の脳の中でも合成されているタンパク質らしいのですが、歳を取るとそれを分解する機能が追い付かなくなり始めるのですね。で、蓄積が始まってしまう。

そこで今回読んだこの記事は、睡眠がアミロイドβの蓄積予防に有効なのではないか、というお話です。

脳は覚醒時に作り出された老廃物を睡眠中に排出する機能を持ちます。いや、正確には覚醒時にも排出しているらしいのですが、睡眠中の方がずっとずっと効率よく排出することができるんだとか。そういえばアルツハイマー型認知症患者に睡眠障害を持つ人が多いというのはよく知られている話でして、「睡眠不足だから脳の毒素が適切に排出されていないということかな?」と考えるとなるほどと思ったりもします。

睡眠って大切なんですね。

そうは言っても、ちょっぴり疑問が残ったりもしますね。例えば、これまで既に蓄積されてしまったアミロイドβはどんなに頑張って寝てももう除去できないのかな、とか、睡眠も質は関係なくてとにかく長ければいいのかな、とか。

世界的に高齢化社会が進む今、2050年までに認知症患者の数は今の3倍(現在約4,400万人→1億3,500万人)になる可能性があると報告されています(ここで読みました)。そういった意味でも、認知症はこれからもっともっと注目されて、研究ももっともっと速いペースで進んでいくのでしょうね。
関連記事

カテゴリ: 【3】 認知症 

テーマ: 認知症いろいろ - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2013/12/10 Tue. 01:37    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail