【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

JTF 翻訳祭 



日本翻訳連盟(JTF)主催の「JTF翻訳祭」に参加してきました。
私は初めての参加だったのですが、今年20周年目を迎えたJTF翻訳祭。

記念となる今年のテーマは「翻訳で切り拓く日本の未来 ~需要開拓と新技術~」でした。9月に参加したPROJECT Tokyo 2010と同じような感じのマルチセッション形式でテーマに沿った講演を聞くことができるほか、メイン会場では基調講演→パネルディスカッションが終日続き、さらに、大きな会場では展示・デモコーナーなどが設けられ、「翻訳に携わる様々な分野から、非常に多くの参加者が集うイベント」という印象でした。

聞いた話によると、前回までの翻訳祭には今回のようなマルチセッション形式の講演はなかったらしいのですが (ということは、メイン会場のパネルディスカッションと展示・デモだけ??)、今回はこんな感じで4つの分科会が用意されていました。大きく分けると、分科会1と2は色んな分野の翻訳について、分科会3と4はツールについてのお話といった感じですね。

さてさて、この翻訳祭ですが、メイン会場でのディスカッションと分科会1~4の講演をTwitterで実況ツイートするという試みが今年初めて行われました。そして私、嬉しいご縁でご依頼をいただき、分科会1の公式実況ツイートを担当させていただくことに (ちなみにハッシュタグは #jtf2010)。

翻訳祭への参加も初めてですし、イベントでの実況ツイートも初めて。かなり緊張して当日を迎えましたが、9月にPT2010でご一緒した同業者仲間さんと再会し、普段からちょくちょく集まってお食事したりお茶したりする同業者仲間さんと言葉を交わしたりしているうちに、気持ちはかなりラクに(^^)。ツイートするにあたって一応常識範囲内のルールはありましたが、基本的には、自分のアカウントを使い自分のペースで、講演の要点をツイート、という作業。私は合計4セッション分のツイートを担当しました(A1は実況無し)。

この日はiPhoneからのツイートだったのですが、ツイート用アプリと同じくらい、Evernoteにお世話になりました。翻訳祭で実況を担当するセッションの情報をPCウェブサイトから選び、Evernoteにどんどん「ノート」として放り込んでおけば、その内容はiPhoneと自動的に同期され、iPhone側のEvernoteを開くと、トップの写真のような感じで見ることができます。

例えばその中から「A3 自動車」ノートを開くと


こんな感じで、サイトで紹介されていたセッション概要を、休憩中にさらっと読んで予習しておくことができたりします。

その他にも、ツイートで使用すると予想される文字要素を、あらかじめこんな風にまとめておきました。


必要に応じて文字要素をコピーして、ツイート用入力フィールドにペーストしていきます。

で、肝心のツイート内容ですが、自分は必死だったものですから、読みやすかったかとか、分かりやすかったかとか、きちんとポイントを抑えていたか、とか・・・実はよく分かりません(ゴメンなさい)。でも、焦りと緊張で、かなり拙い実況になっちゃったんだろうな~とは思っています(もう一度ゴメンなさい)。

あ、でもね、その焦りと緊張のおかげで、フリック入力はちょっと速くなったみたい(笑)。

そんなこんなで、JTF翻訳祭の新しい試み「公式実況ツイート」に参加させていただいたわけですが、参加者側、実況読者側、そして実況側と、それぞれ違う視点から違う意見や感想が生まれたのではないかと思います。もし来年につながるのであれば、良かった点や改善すべき点等、今回の経験が活かされると嬉しいなと思います。

なかなか大変な1日ではありましたが、多くの同業者仲間さんとも会え、嬉しいご縁で貴重な経験をさせていただくこともでき、とても充実した楽しい1日でした。ありがとうございました!

関連記事

カテゴリ: 【5】 翻訳・語学 

テーマ: 翻訳いろいろ - ジャンル: 就職・お仕事

[edit]

Posted on 2010/12/19 Sun. 16:59    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail