【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

世界自閉症啓発デー 

20130402(1).jpg


4月2日は世界自閉症啓発デー、そして毎年4月2日~8日は、発達障害啓発週間なのだそうです。
自閉症や発達障害って、たぶん非常に多くの人が耳にしたことのある言葉だと思います。ではそれが実際どういうものかというと... やはり日常的に何らかの関わりを持つ人以外には、理解が難しいですよね、きっと。

私も少し前まで自閉症や発達障害について、大学で得た少しの知識と、自分が持っていたイメージだけで、なんとなく理解した気になっていたような気がします。それを正してくれたのが、Yale大学のiTunes講座「Yale Autism Seminar」と、現在も進行中の、現代ビジネス「息子と僕のアスペルガー物語」シリーズでした。特に後者は、自分のコミュニケーションスキルに疑問を持ち、対人関係に苦労しながらも、自分が発達障害(アスペルガー症候群)患者であるとは夢にも思わずに成人した人物による手記で、非常に臨場感があり、興味深く読むことができます。学ぶことも非常に多いです。また、こんな風に書いてしまうと不謹慎かもしれませんが、「物語」としても非常に面白く、私自身は毎週土曜日の更新を非常に楽しみにしています。

自閉症や発達障害については、発達障害情報・支援センターや、政府広報オンラインで概要を知ることができます。今私が「息子と僕のアスペルガー物語」を読んでいるような感じで、多くの人がほんの少しでも「なるほど、こんな感じなんだな」と思えるようになったら、日常生活で患者さんと接する機会に配慮できるし、患者さんの言動も納得しながら受け止めることができて良いんじゃないかなと思ったりしています。

ちなみに発達障害啓発週間中の4月6日には、シンポジウムも開催されるようです。都合がつけば私も行ってみたいなと思っています(^^)。
関連記事

カテゴリ: 【4】 心理学 

テーマ: 心理学いろいろ - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2013/04/03 Wed. 00:36    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail