FC2ブログ

ひびまみ

フリーランス翻訳者「まみ」の、みんなで幸せになりたいブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

うーん年賀状 

20181217.jpg


いっこ前の記事で「1世紀くらい前にフロイトが『夢判断』って本で…」みたいなことを書いたんだけど、それと同じくらいの時期に日本では郵便制度が誕生して、そんでその後わりとすぐ、「年賀状」の取り扱いが始まったそうな (ソース:年賀状博物館)。

それからずっと年賀状を介した新年のご挨拶っていうのは続いているわけだけど、ご挨拶する「場所」は明らかに変わったよね。って言うと「SNSの時代だからね~」みたいな反応もらえそうだけど、個人的にはその変化ってもうずいぶん昔、携帯電話が世の中に出た時に始まった気がするよ。
あけおめメール!(懐)

私の年賀状事情もね、ここ何年かで変わったかな。プライベート用と仕事用の2種類を用意するんだけど、

・プライベート用: 年配の親戚以外は出さない。でもいただいたら出す。
・仕事用: 直接取引しているお客様に出す。

こんな感じかな~。

そうするとさ、「出さない。でもいただいたら出す」系の人とは年賀状のやり取りがなくなって、挨拶の場はネットにシフト(ラクちん!)。そんでもって、直接取引してるお客様だと始業日あたりまでに年賀状が到着すれば良いわけで、これまでの記録だと、印刷業者に24日に発注してそれから書いて出しても余裕で間に合っちゃう♡

まあでも、それもお取引開始の時期によるよね。昔からのお客様とはずっと年賀状を出し合ってるし、最近取引を開始したお客様とはその年最初の案件メールで新年のご挨拶みたいな感じで。昔会社員してたころは、「年賀状出したいんで住所教えてくださ~い♡」みたいな会話もあったけど、今となっては懐かしいねえ。ふふふ。

全然関係ないんだけどさ、年賀状だけのお付き合いが何年も続くと、お互いが「いつか着るかもしれない洋服」みたいな感じにならない?会おうと思えば全然会える距離にいるのに「今年も結局会わなかったな~」ってなって、そんで年賀状には毎年「今年こそ会いたいね!」って書いてある感じ。しかもさ、お互いが心のどこかでうっすらと「会おうって言われたら会ってもいいかな」って思ってたりするから、会えない(笑)。

私にもそういう友人が何人かいるんだけど、この関係、これからどうなっていくのかしらね…?

カテゴリ: 【2】 日々の話

テーマ: モノの見方、考え方。 - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2018/12/17 Mon. 10:35    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Stuff You Might Like