FC2ブログ

【自分メモ】

気持ちがちょっとラクになるのをお手伝いできるかもしれないブログ。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣』 


大平信孝 & 大平朝子 著の『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣』を読みました。

タイトルを見て「お、これは私のために書かれた本?!」と思い、次のページを見た瞬間、

20180901.jpg

「わー!これは間違いなく私のために書かれた本!!」と、確信して読み始めました。

結論から言うと、「期待通り」と思えた要素も「思ってたのと違うなー」という要素も、どちらもありました。

まず「期待通り」と思えた要素から。

この本はダラダラ気分を一瞬で "仕事モード" に切り替えるための本です。切り替えたいシチュエーションに合わせて合計50個の「ルーティン」が紹介されています。どのルーティンもせいぜい1分あればできるかな、というか10秒でもいけそうなものばかり。

いつも「仕事しなきゃー」「アレコレしなきゃー」と思いながら、ぼーっとしたりいろんなサイトを眺めたりして、なかなか行動を起こせない私。そんな私にもできそうなものがアレコレありました。例えば、自分の目標(画像なり文字なり)に向かって指差しすることで「よーしこれに向けて行動開始!」とやる気を出せたり、「今すぐ○○をする!」というメモを自分に残してから休憩したり席を立ったりすると、戻った時にぐずぐずせずに次の行動に移れる、などなど。どれも簡単に覚えておけるので、読みながら気に入ったものをピックアップして試してみるってアリかなと思います。

反対に「思ってたのと違うなー」という要素を少し。

「この本はダラダラ気分を一瞬で "仕事モード" に切り替えるための本」と上で書きましたが、仕事をしている人の中でも、オフィスで仕事をしている人が想定読者です。私のような在宅フリーランスや、仕事場がオフィスでない方、そしてお仕事されてない方にはちょっとピンとこないシチュエーション、あると思います。本の表紙(か目につくところ)に想定読者の説明があると親切でいいかも~?と、読み進めながら感じました。

また、「ダラダラ」以外の職場問題にも対処できるルーティンが数多く紹介されていて、ちょっと意外でした。例えば「会議が終わらなくてウンザリするときは…」「契約が取れなかったときは…」「同じ部署に苦手な人がいるときは…」というシチュエーションに対するルーティンが紹介されているのですが、「えーっと、どのあたりが "ダラダラ気分" なんだろう?」とちょっとだけ頭の上に「???」が並びました。そうはいってもルーティン自体は効果がありそうなので、どちらかというと「いい意味で思ってたのと違う」感じだったかなと思います。

どのルーティンも簡単に覚えて実行することができ、各ルーティンに対する説明もとても分かりやすく、結果、「ダラダラ気分」だけでなく、職場の人間関係やお仕事の悩みにも効きそうな一冊でした。あと、ちょっと関係ないですが、挿絵もカワイイです♡


関連記事

カテゴリ: 【6】 読書あれこれ

テーマ: モノの見方、考え方。 - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2018/09/01 Sat. 22:07    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Stuff You Might Like