FC2ブログ

【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

『老乱』 

20180614.jpg

久坂部羊 著の『老乱』を読みました。
認知症になる側と支える側。それぞれの立場と視点からストーリーが展開していきます。


ボケないように、誰にも迷惑をかけないように。毎日規則正しい生活を送り、日記を書き、脳のためにと漢字の書き取りを忘れない78歳の「幸造」。少し離れたところに住む息子夫婦の「知之」と「雅美」。

雅美が新聞やテレビで認知症関連のニュースを見聞きし「幸造にもしものことがあったら」と少しずつ不安を募らせ、知之は「親父はそんなんじゃないさ」と頑固な楽観主義を貫く一方で、幸造の言動がおかしくなり始めるところから、物語はスタートします。

幸造は、毎日慣れ親しんだ活動の中でミスが多くなったことを徐々に自覚し始め、自身の日記に不安や焦りを綴りだすようになります。息子夫婦は時期を同じくして幸造の認知症を疑い始め、記憶力を試すような質問をしたり、車の運転をやめるよう説得したりします。幸造は自分の認知機能に若干の疑問を覚えつつも、「ボケてなんかない、認知症と疑われたら困る」と、時に感情的に息子夫婦の言葉に反発し、時に孫や他人に対してはうまく言葉を並べて取り繕い続けます(こういった取り繕いは認知症患者さんに典型的な行動と聞いたことがあります)。

幸造の不安と焦りをよそに、症状は無慈悲にも早いペースで進行します。火の始末に失敗したり、車で事故を起こしかけたり、幻視を起こしたり、ひどいときには、警察沙汰になるような暴力行為に及んだり。その一方で、認知症を治す薬はないと頭では分かっていても、せめて進行を遅らせなければ、と焦る息子夫婦。

この物語では、幸造と息子夫婦の両方が、異なる視点で、焦りと不安、混乱、絶望を経験していきます。認知機能が障害された幸造の思いは誰にもうまく伝わらず、家族は幸造が思い通りにならないことにフラストレーションを募らせます。読者である私は、そんな様子を傍観者の立場で、まるで映画を観ているように読み進めました。幸造、息子夫婦、どちらの気持ちも言い分も、分かるような気がしました。

自分がもし、彼らの立場に身を置いたとしたら?私は、幸造よりも素直に認知症を認め、自分なりに対策を練ることができたでしょうか。私は、息子夫婦よりも認知症を理解し、より「正しい」介護をすることができたでしょうか。正直、自信はないな…。でも、「自信ないな」と素直に認めることができたことが、私にとって、この本を読んだことの収穫なのかもしれません。

久坂部 羊の作品はとても好きで、いつも物語の世界にガッツリ引き込まれてしまいます(ちなみにこれまでで一番好きなのは『廃用身』)。本書も読み始めたら最後、続きが気になって、結局仕事そっちのけで(笑)ほぼ一気に読みしてしまいました。


関連記事

カテゴリ: 【3】 認知症 

テーマ: 認知症いろいろ - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2018/06/14 Thu. 01:35    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

My bookshelf

My all time best books

Search in this blog

Send mail