FC2ブログ

【自分メモ】

気持ちがちょっとラクになるのをお手伝いできるかもしれないブログ。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

『ミライの授業』 


瀧本哲史著の『ミライの授業』を読みました。

"これは14歳に向けた「冒険の書」であり、
大人たちが知るべき「教養の書」である。" (本書帯より)


一言で表現すれば、「イノベーション虎の巻」です。過去から現代まで、世界に大きな変化を生み出した人々を紹介しながら、どのような変化が生まれたのか、変化の決め手はどこにあったのか、変化が生まれる前の社会や周囲の人々の反応はどうだったのか、変化が受け入れられた後の世界はどうなっていったのか、を探っていきます。紹介されるエピソードは現在から見れば「過去」のお話ではありますが、それぞれから学べることがどう未来に生かせるのか、という視点で書かれています。

変化は、「新人で」「知識を持ちすぎていない」人が、これまでの枠組みに対して「あれ?これってなんで、こうじゃいけないの?」と純粋な違和感を覚えるところからスタートします。その違和感を解消するために生み出される「じゃあ、こうすればいいかな?」は、非常に高い確率で、従来の枠組みを「THE常識」として大事に大事にしている世代から、強い抵抗を受けることになります。この世代が巻き起こす逆風に負けず自分を信じて前進した結果、「じゃあ、こうすればいいかな?」が実現し、変化が現実のものとなります。頑固な常識世代もやがてリタイヤし、新しい未来がつくられていきます。これが「世界を変える旅」です。

本書は、未来への可能性を無限に持つ若い世代を、この「世界を変える旅」に送り出すことを目的に書かれています。なるほど、14歳に向けた「冒険の書」ですね。

私は大人歴の長い大人ですが、それでも本書から多くの刺激を受けました。これまで全く知らなかったエピソードに多く出会えましたし、自分がどれだけ「常識」にとらわれて「違和感」に対し鈍感になってしまっていたかも分かりました。そして、「大人としての意見」と自分では思っている言葉が、時に「ただの時代遅れな意見」になってしまっていることも分かりました。そういう意味では、私にとっては帯通り「教養の書」になりました。

この本は若い世代に向けて書かれたものですが、大人が読んでも楽しめると思いますし、これからの変化を受け入れる器も少し大きくなるのではと思います。それに、「もっとまじめに考えなさい」とか「夢のようなこと言ってないで~」などという言葉で、若い世代の変化の芽を軽率に台無しにしようとしていないか、ちょっと振り返ってみる機会も与えてくれるかもしれないなと思います。個人的には今後、いい歳をした大人として、若い世代が生み出す変化を大らかな気持ちで楽しみにしていきたいと思います。

ところで本書は、21世紀の『君たちはどう生きるか』をめざして書かれているのだそうです。名前は聞いたことあったけれど、私はまだ読んでないな~。ということで、次は『君たちはどう生きるか』、読んでみたいと思います。


関連記事

カテゴリ: 【6】 読書あれこれ

テーマ: モノの見方、考え方。 - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2018/02/13 Tue. 16:36    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Stuff You Might Like