FC2ブログ

【自分メモ】

気持ちがちょっとラクになるのをお手伝いできるかもしれないブログ。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

2018年のテーマ 

20171230.jpg

みなさま、あけましておめでとうございます!

2016年に続き、2017年のテーマも「自由に生きる」でした。

これまでの私は、新年の目標を立ててもその3日後にはすっかり忘れてしまうのが常でした(そして年末になって唐突に思い出す感じ・笑)。でも、「自由に生きる」は私にとって非常に重要なテーマで、2016年も2017年も常に心の片隅にあり、そのおかげか、年々少しずつではありますが、心の自由度が増していっているような気がします。

2017年は、「自分の気持ちにウソをつかないこと」が「自分の心に自由を与えてくれること」であり、それが結果的に「自分自身を大切にすること」につながるのだ、ということに気付いた1年でした。そして、自分の心が自由になればなるほど、周囲の人々の「自由」も当然のこととして受け入れられるようになり、なんだか気持ちがとてもラクになった1年でした。

2018年は、さらなる自由を目指して、再度「自由に生きる」をテーマにしたいと思います。

それから仕事なんですが、こちらは少し、方向性を検討する時期に来ているかなと感じています。

現在私は、産業翻訳と心理学分野の論文翻訳(とアブストラクト翻訳)の二本立てでお仕事をしています。それぞれに違う楽しみがあってどちらもとても好きなのですが、これからは心理学のお仕事を増やしていきたいんですよね。そして将来的には100%を目指したい。せっかく学んだ、大好きな専門分野ですから。論文翻訳は発注者さんというか執筆者さんとの距離が近くて、論文の翻訳版を「執筆者さんと一緒に作り上げている」感が強いんですよね。それが何とも言えず楽しく、どのくらい楽しいかというと寝食を忘れてしまうくらい(えへへ)。学会発表や論文投稿という目標に向かって作業を進め、その結果をダイレクトに知ることができるのも醍醐味の一つかもしれません。

では、どのように心理学分野のお仕事を増やしていくかというと... それをこれから考えたいな、と。お恥ずかしながら、今のところまだ全くアイデアがない状態です。ということで、これを2018年裏テーマということにしたいと思います。もちろん論文専門の翻訳会社さんもありますが、これまでの経験から考えると、執筆者さんとの連携を深めるには直取引がベター。さて、どうやって進めていこうかな...?

そんなこんなで2018年。

みなさまにとって良い1年になりますように!
今年もどうぞ、よろしくね!

関連記事

カテゴリ: 【7】 よもやま話

[edit]

Posted on 2018/01/01 Mon. 01:01    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Stuff You Might Like