【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

『ネイティブが教える日英翻訳テクニック-直訳じゃダメなワケ-』 


ケビン・モリセイ 著の『ネイティブが教える日英翻訳テクニック-直訳じゃダメなワケ-』を読みました。

日英翻訳者にも、発注者にもお役立ちの一冊。Kindle読み放題対象です(嬉)。

日英技術翻訳(主にマニュアル翻訳)のエディタによる、日英翻訳指南書です。内容は「わかりにくい原文(日本語)とどう向き合うか」と「最終的な読者(英語話者)にとって読みやすい、自然な英文をどう作成するか」の二層構造。多数の例文が使用されていて、それぞれ、原文⇒翻訳例⇒それを読んだネイティブスピーカーの感想⇒改善例、で1セットになっています。

「わかりにくい日本語」は日英翻訳あるあるの一つですよね。主語がなかったり、目的語がなかったり。形容詞が何を修飾しているのかボンヤリしていたりすることもありますね。個人的には、原文の意味がどうしても分からなくて執筆者に意味を聞いてみたら「△△△って書いたけど○○○って意味ですよ」とあたりまえのように返された、なんてことも近年何度も経験しました(最初から○○○って書いてほしいな~ほしいな~)。

こういった原文に遭遇した時、書かれた言葉だけをベースに英文を作ってみたところで、原文の意図を正しく伝えられる気はしないし、読みやすい文になるとも思えないし、そもそも正しい文法で英文が作れるかどうかもギモンですよね。

わかりにくい原文への対処法は、対象分野をよく知ること、そして、執筆者に質問すること。分野をよく理解していれば、クライアントの日本語が多少アレだったとしても、翻訳者側で脳内補完することができ(る場合もあり)ますし、執筆者に直接質問できればもちろんそれが早道かつベストですね。ただ、翻訳会社を通じてお仕事をしている場合は、コーディネータさんを通じて質問しても、納期までにその答えが戻ってくるかどうか微妙…という状況もあるかもしれませんね。難しいところです。

「読みやすい英文」については、世の中に多く出版されている英文ライティングの本とだいたい同じことが書かれています。「能動態を使う」とか「否定形を避ける」とか、そういうたぐいの情報です。英文ライティングのみを集中して勉強したい場合は、たとえば『The Elements of Style』など良い本がたくさんありますが、「わかりにくい原文への対処」と「英文ライティング技術の向上」を両立させたい、という翻訳者ならではのニーズに対しては、この『ネイティブが教える日英翻訳テクニック』が役に立ちそうです。

さて、冒頭でも書きましたが、日英翻訳を発注する側にとっても、この本は有益だろうと思います。「直訳じゃダメなワケ」が説明されているためです。私もこれまで何回となく経験がありますが、「原文と視覚的にマッチしている訳文」を好む発注者ってちょいちょい存在したりします。日本語と英語とで文の数が同じでないといやだったり、原文で抜けてしまっている目的語を訳文に追加したら「原文にない単語が入っていますがなぜですか?」と質問してきたり。ちなみに私が個人的にこれまで一番引いたのは(とか言ったら失礼ですかね、ごめんなさい)、「原文が体言止めになっている時は英文も体言止めにしてください」というリクエストでした。

直訳、つまり、原文に書かれた言葉だけがそのまま英語になっていれば、原文と訳文が視覚的にマッチし、発注者としてはチェックしやすいし、「正しい訳文」として安心できるということかな、と思います。でも、そうやって作られた訳文は、日本人発注者の目と脳にはやさしくても、訳文の最終的な読者にとってはどうでしょう?それに、彼らはそもそも原文を目にすることすらないわけですよね。だったらなおさら、「原文と訳文が視覚的にマッチしている」って必要なことでしょうか?本書には、このあたり発注側にも考えてほしい、理解してほしい、ということが書かれています。

翻訳者だけでなく発注する側も、「訳文が誰のためのもので、その訳文に発揮してほしい効果や影響はなにか」を考えて作業をする必要があるよね、と改めて考えさせてくれる一冊でした。


関連記事

カテゴリ: 【5】 翻訳・語学 

テーマ: 翻訳いろいろ - ジャンル: 就職・お仕事

[edit]

Posted on 2017/09/11 Mon. 09:47    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail