【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

『自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ』 

20170821(2).jpg

崎田ミナ 著の『自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ』を読みました。


この本で紹介されているポーズ、種類はそんなに多くないですし、どれも気持ちのよいものばかり。少しだけ難しめかな?と思われるポーズは、それぞれのポーズの「修正のポーズ」、つまり簡易バージョンが紹介されています(親切♡)。この本には、私がヨガレッスンでふだん教えてもらうような、「このポーズは、体のこのあたりに伸びをしっかり感じていればそれで十分」とか、「どんなポーズでも呼吸を止めないことが大事」とか、「必要な筋肉にしっかりアプローチしているのが大事」といったことが書いてあって、とても好感が持てます。

今ってヨガのDVDがたくさん売られていて、インターネットにも動画がとてもたくさんアップされていて、ジムやヨガスクールでインストラクターの指導を受けたことがない人でも、映像を観ながらポーズが取れたりしますよね。でも、DVDや動画だと、インストラクターさんの動きに合わせて、説明もどんどん流れていってしまいます。個々のポーズのコツや効果を思い出しながら練習するといっても、別途本を読んだりして意識的に覚えない限りは難しいような気がしてしまいます。それに、そもそもヨガって、美しいポーズを取るのに集中するより、そのポーズが目指す足やお腹の力の入れ具合とか、力の抜きかたとか、姿勢とか、体のひねり方なんかにしっかり気が配れているかどうかが大事なのだと思うのだけれど、ついついインストラクターさんの作る「形」ばかりに気を取られてしまうことも…。

その点、この本は、どの筋肉にアプローチするとか目線はどこに持っていくとか、とても丁寧にポーズの取り方が書いてあって、良いですね。本だから自分のペースでじっくり学べるし。しかもポーズは、仕事中PCの前に座ったままでも、ちょっと椅子から立ったところの床でも、思いついたらすぐ実行できるものばかり。気になれば床にバスタオルを敷くとかもありだと思いますが、わざわざ着替えたりヨガマット準備したりという手間は不要です。

なんかベタぼめしてしまったけれど、体がコチコチになってしまっている皆様におすすめしたい一冊です。私自身ヨガレッスンに通っていますし日常的に部屋にヨガマットを敷いて練習していますが、それでも仕事の合間に気が向くと、この本に紹介してあるポーズちょいちょいっと取ってみたりしています。ただ、紙の本だとちょっと不便なので(どうしても勝手に閉じちゃう)、電子書籍版をタブレットで見ながら…という使い方をおすすめしたいと思います。(← しかも紙よりちょっと安いしね♪)

関連記事

カテゴリ: 【6】 読書あれこれ

テーマ: 翻訳いろいろ - ジャンル: 就職・お仕事

[edit]

Posted on 2017/08/21 Mon. 14:37    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail