【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

波平さんヘアの理由 


先日髪を切りにいきました。

きっかけが何だったのかはすでに忘れてしまったのですが、カット中、美容師さんとの会話はいつしか「波平さんヘア」がトピックに。「私の祖父が波平さんヘアで~」みたいな話をしてたんだったかな。そこでふと疑問に思い美容師さんに、「波平さんヘアってなんかこう、男性の遺伝子に組み込まれてるものなんでしょうかね~?」と軽く質問を振ってみたところ・・・

「波平さんヘア」というのは非常に理にかなった髪型なのだそうです。どういうことかというと、私たちの頭部は、下半分、つまり波平さんでいうと髪の毛が残っている部分は頭皮に「血管」が通っていて、そこから上、つまり髪の毛がない部分には「毛細血管」が通っているんだそうです。髪の毛は血流が悪くなると抜けるので、血流が悪くなりやすい部分、つまり毛細血管が通っている部分の髪の毛が先に抜け、血管が通っている部分の髪は最後まで残る傾向にあるのだそうです。

「だからほら、髪の毛って、上から下に向かって薄くなりはするけれど、うなじから上に向かって薄くなったりはしないでしょう?」

なるほどー。

いろんなサイトや雑誌で見かける「頭皮マッサージ」(こんな感じ)がいつも「下から上へ」ってなっているのは、血管から毛細血管にもっと血液を送ろうっていうことなのかな。そう考えるとつじつまが合うような気も・・・?



関連記事

カテゴリ: 【7】 よもやま話

[edit]

Posted on 2017/04/05 Wed. 21:00    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail