【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

『書きたいことが書ける 英語ライティング術』 



ケリー伊藤 著の『書きたいことが書ける 英語ライティング術』を読みました。

情報が足りなくてもなんとなく意味を察してしまう、日本語脳。
全てを言ってもらわなければ理解できない、英語脳。

結論を最後まで待つ、日本語脳。
大事なことを最初に言いたい、英語脳。

時制が混在していても大丈夫な、日本語脳。
パラグラフの第一文がそのパラグラフの時制を決定する、英語脳。

主観的情報と客観的情報が混在していても大丈夫な、日本語脳。
主観的情報と客観的情報を分類して考える、英語脳。

段落に様々なトピックが混在していても大丈夫な、日本語脳。
1パラグラフにつきトピックを1つにしぼりたい、英語脳。

日本語と英語は異なる言語です。日本語話者による日本語の書き方・とらえ方と、英語話者による英語の書き方・とらえ方も異なります。

どちらが良いとかどちらが悪いとかそういうことではなく、「違う」んですよね。

ということは、日本語脳を持つ人間が英語を書くとき、またそれとは逆に英語脳を持つ人間が日本語を書くときは、その「違い」を乗り越える必要がある、ということになりますね。

この本のフォーカスは、「日本語脳を持つ人間が英語を書くとき」です。どうしたら「違い」を乗り越えて、英語脳を持つ人が「自然」と感じる英語を書くことができるのか。そのヒントが簡潔かつ丁寧に説明されています。例文を使った説明が多く、日本語脳で書かれた日本語を日本語脳で英語にした時にどのような問題が生じるのか、そして「違い」を乗り越えるためにはどのような調整が必要なのかが示されています。例文にはビジネスレター、社長あいさつ文(←企業ウェブサイトによくあるやつですね)、スピーチ原稿などがあり、全体的にビジネス寄りかなと思います。個人的なお話をすれば、ふだんお仕事でお目にかかる種類のものが多いですね。

私は日本語脳を持つ日本語話者なので、筆者の訴える「英語脳ではこの日本語が何が言いたいのか分からん」というようなコメントを目にした時に「なぜ分からんのか私にゃそれがわからん」と思ってしまった箇所が複数ありました(笑)。でも、同じところを繰り返し読んでいるうちに、なんとなく「あーこういうことなのかも?」とじわりじわりと理解が進んだような気がします。この本を読んだ直後の日英翻訳案件では、これまでと少し違った観点から原文(日本語)を読み解くことができたような気がします。

このような日本語と英語の「違い」の他に、本書にはプレイン・イングリッシュについても言及がありました。筆者が提唱するプレイン・イングリッシュのルールは、長い単語より短い単語、凝った単語より慣れた単語、抽象的な単語より具体的な単語を、受動態より能動態を使って書くことです(あともういくつかあったかな)。まどろっこしくカッコつけた表現を連ねてながーい英文を作ってドヤ顔する時代はかなり前に終わったような気がしますが、それでも今もなおプレイン・イングリッシュの重要性は強調してもしきれないですね。私もしっかり意識していかなくては。本書には「長い単語より短い単語」の例がいくつかありましたが、この部分についてはストランクの『The Elements of Style』にガッツリ書かれているのでそれを参考にするとより多くの情報を得られると思います。

翻訳というお仕事は原文ありきなので、自由すぎる方法で二言語間の違いを乗り越えてしまうと、クライアントが求めていない訳文ができあがってしまうリスクが大いにあります。それでも、本書を読んで個人的に自分の仕事を振り返ってみてみると、訳文の読者に「自然」と感じてもらえるような訳文作りにはまだまだ努力が必要だなと感じます。もっともっと勉強しないと。がんばろ。

  

連休中、フィリピンから友人が日本に遊びに来てまして、彼女のリクエストで天ぷらディナ~♪

20160509(2).jpg

食事中、たこ焼きの話題になりました。なんでも滞在先最寄駅のすぐ近くにたこ焼き屋さんの屋台があって、買って食べたらとても美味しかったんだとか。どうやらフィリピンにも日本のたこ焼きが売られていて、彼女は以前からなじみがあったそう。「へえー、タコ食べられるんだ~」と感心しながらフィリピン版たこ焼きについて詳しく聞いてみたところ、「たこ焼きの具はね、人参とキャベツと米だよ」という答えが返ってきました。

・・・タコは!?
関連記事

カテゴリ: 【5】 翻訳・語学 

テーマ: 翻訳いろいろ - ジャンル: 就職・お仕事

[edit]

Posted on 2016/05/10 Tue. 10:00    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail