【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

『「上から目線」の構造』 

20160203(1).jpg


榎本 博明 著の『「上から目線」の構造』を読みました。

「あの人、上からすぎる」で意味が伝わってしまうほど、「上から目線」は私たちの日常ですっかりおなじみの表現ですね。

「上から目線」をざっくり定義すると、「自分と同レベルまたは自分より下のレベルと認識している人間が自分より上のレベルの人間であるかのような発言をすること」という感じでしょうか。私自身はこれまで上から目線発言を受けたことがないのですが(もしかすると気付かなかっただけかもしれないけど)、上から目線そのものの経験としては一度だけ、かつての知人の言葉に対して思わず「えーなにその上から目線!」と言ってしまったことがあります。当時社会人経験が浅かった知人に年上で社会人経験豊富な彼氏ができ、知人がその彼氏の仕事のことを私に説明していた流れで、「あの子はやればできる子なのよ~」と言った時でした。もし知人の方が年上だったり社会人経験が豊富だったなら私も「そうなんだ~、彼氏有能だ~。」というリアクションですんだと思うのですが、それが逆だったためにびっくりしてしまったのでした。

日常の「上から目線」というのは一般的にこんな感じで、それを非難したくなるのは自分と同レベルと思っていた友人や同期から優位性を示された時が多いのではないかと思います。ところが本書によれば、今の時代は若い社員が上司に向かって「その上から目線やめてくれませんか」と非難することも多いんだとか。上司というと多くの場合自分より上の年齢だし、その会社に限らなくとも社会人としての経験が長くノウハウも持ち合わせている人物ですよね。そういう人物が部下にアドバイスをしたりすれば当然それは「上から目線」でしかないわけですが、その「あたりまえの上から目線」を非難するとはどういうことなのか・・・。

人から「上から目線発言を受けた」と感じてそれを非難する人は、「見下されてしまうかもしれない」という不安が強い人物であると著者は分析しています。本当は人より優位に立ちたいのに現実ではそううまくいかず、自信の持てない人間が、他人からの目線を過度に気にする傾向にあるのだそうです。なるほど。それはつまり、言った方の問題ではなくて、言われた方の受け取り方の問題のようですね。さらに言えば、言った方は見下してるつもりなんて全くないのに、言われた方は見下されたと勝手に思い込んで勝手な被害者意識で勝手に非難しているのかもしれませんね。うーむ。

では、「上から目線発言をする」と非難される側には問題はないのでしょうか。上司からのアドバイスのような「親心」的な上から目線は問題ないかと思うけれど、明らかに横柄だったり威張り散らしちゃったりする感じの上から目線は問題ですよね。こういう場合、その人に劣等感コンプレックスがあったり、自分を大きく見せたい人だったり、他人との関係を「勝ち負け」でしか見ることができなかったりという心理的背景が考えられるのだそうです。レストランとか喫茶店とかで横柄にふるまってしまう年輩者がその代表例でしょうか。

「当然の上から目線」を非難する人、「横柄な上から目線」で非難される人。どちらも「他人より優位に立ちたいのにそうできない自信のなさと劣等感」がその根底にあるのだなと一通り読んで思いました。もし「あの人上から!」とイラっと来てしまった時には、発言者を責めたい気持ちをちょっとおいといて、それが「親心」からの上から目線ではなかったか、もしそうであれば自分の心に「見下され不安」がないか、少し考えてみるのもアリかもしれません。

本書ではこのほかにも、文化的・歴史的・社会的な「上から目線」の背景考察が展開されていて、読み進めながらなるほど身に覚えがあるなあと感じることもたくさんありました。もしかすると現代日本の「上から目線」現象は、出現すべくしてしたのかもしれませんね。

  

果物の中でダントツに大好きなイチゴ。色んな飲食店でイチゴフェアをやっていたりしてこの季節は本当に心が躍ってしまいます♪先日、同業者の友達と毎年恒例「千疋屋でイチゴパフェを食べる会」を開催してきました。この季節のイチゴパフェと言えば、千疋屋オリジナルの品種「クイーンストロベリー」を使ったクイーンストロベリーパフェ♡ 今年もしっかり堪能してきました。幸せ~!

20160203(2).jpg
関連記事

カテゴリ: 【1】 人間関係 

テーマ: モノの見方、考え方。 - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2016/02/03 Wed. 10:00    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。