【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

『傾聴術―ひとりで磨ける“聴く”技術』 

20160106(1).jpg


古宮 昇 著の『傾聴術―ひとりで磨ける“聴く”技術』を読みました。


半年ほど前、認知症について学ぶ過程で「傾聴」という言葉に出会った私は、強い好奇心を胸に『プロカウンセラーの聞く技術』 という本を読みました(その時の記事はコチラ)。普段私たちが他人との会話の中で話を「聞く」のとカウンセラーがクライアントの話を「聞く」のには大きな違いがあり、カウンセラーが用いる「聞く」技術が「傾聴」の技術です。この本では「傾聴する」という言葉の意味をじっくりと学ぶことができました。で、読んでみた感想は、「傾聴って難しすぎる・・・!」でした。圧倒されました。

「傾聴とか無理でしょ、難しすぎるでしょ」と感じながらも不思議と傾聴に対する好奇心は衰えず、数か月後には無謀にも「私もこの技術を学んでみたいな」などと思い始めていました。そして気づいたらAmazonで2冊ほどポチポチ。いやあ便利な世の中ですね(しみじみ)。

さて、傾聴本2冊目に選んだのは古宮 昇 著の『プロカウンセラーが教えるはじめての傾聴術』でした。この本では傾聴技術云々に取り掛かる前に知っておくべき「傾聴の基本」と「人の心のなりたち」にかなりの分量が費やされています。「人の心のなりたち」では自尊心、ストレス、憎悪等、基本的な人の心の動きが解説されています。後半はシチュエーション別の良い聞き方例と悪い聞き方例、さらに、傾聴を妨げる人の心の動きについての説明です。「傾聴=聞くこと」という単純なイメージで「聞くこと」ばかりに情熱を費やしてもダメなんですね。良い勉強になる一冊です。

そして傾聴本3冊目がこの『傾聴術』です。そういえば先ほどと同じ著者ですね。

「ひとりで磨ける"聴く"技術」という副題の通り、先ほど紹介した本よりもぐっと実践的です。話し手への応答を考えるという練習問題で構成されています(自分の応答を書く欄が設けられています)。その後の解説では考えられる様々なパターンの応答例を検討し、どのような応答が好ましいのかを考えていきます。夫との離婚を考える主婦、不登校で苦しむ子ども、就職が不安なニートなどバリエーションは様々です。自分ならどう答えるか。筆者の言葉を借りれば傾聴は(話し手の言葉を)「ひしひしと、ありありと、まるで自分のことのように想像して理解し、その理解を言葉で返すこと」なので、数あるキーワードの中から話し手の気持ちを一番強く表している部分を正しく探り当てることが必要です。難しい・・・・!話し手をイマイチ理解できていない応答は、聴き手に対する不信感につながり、話し手は心を閉じてしまいます。人生いろんな場面で「あらー間違えちゃったねーしょうがないねー次はがんばろー」っぽい展開がありますが、傾聴に関してはワンチャンな印象です。適切な応答をし続けなければならない難しさ。ページを繰るたびに緊張感が伝わってきます。

この「ワンチャン」な感じは、本書後半に紹介されている対話の実例でより分かります。カウンセラーと非行少年の対話が収録されているのですが、少年が「本当に分かってほしいこと」をカウンセラーがしっかり理解し言葉で返せなかった時、次の少年の言葉にはさっそくカウンセラーに対する不信感があらわれます。このカウンセラーはそういった不信感を敏感に感じ取り迅速に流れを軌道に戻していくことができたので少年は徐々に心を開くことができましたが、それができずにずるずると対話が進んでしまったらカウンセリングは本来の効果を発揮できないという結末を迎えてしまいそうです。

カウンセラーってすごいなと素直に尊敬しつつ、知れば知るほど難しいこの「傾聴」に私の興味はなぜか強まるばかり。本書『傾聴術』は間違いなく「もっと傾聴の本を読んでみたい!」「もっと技術を知りたい!」と思わせてくれる一冊でした。

(それにしてもこの好奇心、どこから来るんだろう?← 現在自問中)

  

年末年始のお休みも終わり、日常が戻ってきましたね。みなさんお休みは楽しまれましたか?私は大みそかに横浜の中華街に遊びに行き、年始は鎌倉に初詣に行きました。天気予報通りの暖かな年末年始で、念のため持っていった手袋は結局出番なしでした (^^)

20160106(2).jpg
関連記事

カテゴリ: 【1】 人間関係 

テーマ: 心理学いろいろ - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2016/01/06 Wed. 10:00    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail