【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

『ひょっとして認知症?』 (朝日新聞 アピタル) 

20130117(1).jpg

朝日新聞の医療サイトアピタルの『ひょっとして認知症?』シリーズを読みました、というか、読んでいます。
前回の記事をアップした数日後、何の気なしに朝日新聞のサイトを眺めていたら『ひょっとして認知症?』という文字が目に飛び込んできました。

なんだろう? と思ってリンク先に行ってみると、「認知症学会の専門医・笠間睦さんが、患者さんの視点に立って語るブログです。」と書いてありました。最初の記事をたどってみたところ、どうやら昨年の12月から始まっていて、それ以降ほぼ毎日更新されている様子。せっかくなので第1回目の記事から読み進めているのですが、それぞれが数分で読める長さで、しかも認知症に関する情報がとても分かりやすく提供されています。

最初の10記事程度では、認知症の基礎知識が紹介されています。日本国内の患者数とか、認知症の種類とか、中核症状(脳が受けた障害に起因し、認知症患者全員に見られる症状)の種類など。

第11回目の記事『《11》 人格・行動・態度の変化』では、中核症状のうち、人格、行動、態度の変化について述べられている他、「日常生活の中で気付きうる認知症の初期兆候」が10項目紹介されています。同じ屋根の下に暮らす家族同士だったら気付ける可能性があるかも...という印象の項目でした。

その後第16回目の記事『《16》アルツハイマー病の経過を知っていますか?』から第21回目の記事までは、認知症の代表的疾患であるアルツハイマー病の経過、症状、診断についての説明です。

私が今日時点で読み終えているのはここまでなのですが、次の記事からはまた違う種類の認知症について説明が始まるようです。

認知症についてこれまで全然知識が無かったので(映画『明日の記憶』は観たよ。桜、猫、電車。)、今年はこのシリーズを通じて少し学んでみたいなと思っています。
関連記事

カテゴリ: 【3】 認知症 

テーマ: 認知症いろいろ - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2013/01/21 Mon. 16:38    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail