【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

『医者は認知症を「治せる」』 



河野和彦 著の『医者は認知症を「治せる」~かかりつけ医に実践してもらえるコウノメソッド~』を読みました。

少し前に読んだ岩田明著の『認知症になったら真っ先に読む本』 (その時の記事はコチラ)の著者が実践しているという「コウノメソッド」。いったいどんな治療法なのだろう? と興味津々読んでみました。

河野氏が開発した「コウノメソッド」は、(1) 治療は介護者のためであり、(2) 認知症が治る = 周辺症状が改善する、を出発点とし、この2つを実現するための柔軟な薬剤投与量調整を提唱するものです。

コウノメソッドを実践する医師のもとには、認知症の治療を受けているけれど症状が悪化する一方という患者さんが多く訪れるのだそうです。河野氏によれば、認知症の中核症状に対する薬剤投与量は「製薬会社が指示した通り」であったり「研究実績豊富な医学部教授(←臨床の場での治療実績とは無関係だそうです)の論文に書いてある通り」であったりすることが一般的なのですが、それが実は過剰投与であって、中核症状のみならず周辺症状までも悪化させてしてしまうことが多いのだそうです。同時に「誤診」による不適切な薬剤の処方も症状悪化の一因であり、この状況の根底には医者が認知症についてよく知らないという現実があるのだそうです(それぞれの専門分野の知識はあるけれど、認知症となると分からない・・・ということですよね)。

コウノメソッドでは「これまでの診断と処方を継続しない」ことから治療をスタートさせ、表面化している周辺症状に重点をおいた処方を行います。中核症状に対する薬の量は規定量に比べて驚くほどに少なく、周辺症状の改善に効果があるならば漢方もサプリも併用されます。そして何より特徴的なのが「家庭天秤法」で、薬の副作用が出てしまわないように、介護者が薬を加減することが奨励されています。薬の効き方は人それぞれですし、医者が患者を24時間ずっと観察するわけにもいかないと考えると、患者に一番近い介護者に勉強してもらい症状によって薬の量を加減するというのは、理にかなっているのではと感じます。

患者、介護者、医師との連携で行われるコウノメソッドの実績は、この本でも多く紹介されていますし、河野氏のブログ(ドクターコウノの認知症ブログ)でも紹介されています。これまで無表情だった人が笑顔を取り戻したり、歩けなくなってしまった人が自分の足で歩けるようになったり、突然大声で叫びだしてしまうような人が穏やかさを取り戻したり。コウノメソッドが介護者の負担を減らすことに貢献しているようすがそれぞれの事例から分かりますし、もちろん患者さん自身も辛い症状から解放されてQOLが向上するのだろうと思います。

河野氏の信念から認知症の基礎知識、コウノメソッドの概要、治療実績例まで、多くの情報が新書サイズにコンパクトにまとめられていて、「コウノメソッドってなんだろう?」という私の質問にしっかりと答えてくれる一冊でした。


  


東京駅八重洲側の地下にあるラーメンストリート、大好きな「七彩」が5月10日で閉店と聞き、最後にもう一度!と行ってきました。あの麺に会えなくなるのがさびしいです。ラーメンの後はバビーズで定番のアップルパイ。この日はアイスもつけちゃいました。幸せ!

20150505(2).jpg
関連記事

カテゴリ: 【3】 認知症 

テーマ: 認知症いろいろ - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2015/05/05 Tue. 13:42    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。