【自分メモ】

フリーランス翻訳者の読書メモ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

『パーソナルソング』 



渋谷のシアター・イメージフォーラムで『パーソナルソング』(←注:音の出るサイトです)を観てきました。

『パーソナルソング』は、アルツハイマー型認知症患者に対する音楽療法についてのドキュメンタリーです。原題は『Alive Inside』です。

場所はアメリカ、老人介護施設。
IT業界出身のソーシャルワーカー、ダン・コーエンがiPodを携えて施設を訪れるところからストーリーが始まります。

そこにいるのは、家族の呼びかけにさえほとんど反応を示すことがない認知症患者。ダンはその患者がかつて好きだった音楽をiPodに入れ、ヘッドフォンを患者に装着し、再生ボタンをオン。すると、それまでひたすらうつむき続けていた患者が「はっ」とした表情で顔を上げ、目を見開き、探るような目線で在りし日の自分を思い出し、その頃の記憶を次々と呼び戻していったのです。

この患者だけではありません。ほかの患者もまた、かつて好きだった音楽を聴いた瞬間に目に光が宿り、ある患者は歌いだし、ある患者は体を揺り動かし、ある患者は自分が若かった頃の思い出話を始めます。周りの人々がこの反応に驚くのはもちろんですが、患者自身の驚きと喜びも相当なもの。そして、それに合わせて観客である私にも、自然に笑みが浮かんだり、涙がこぼれたり。

作品内でコメントを寄せている神経学者であり『レナードの朝』原作者でもあるオリバー・サックスによれば、音楽は脳の非常に広い範囲を刺激し、その範囲の中にはアルツハイマー病に影響されない部分も多く存在するのだとか。ふむふむ。だから音楽に反応することで、それに紐づけられた記憶がするするっと出てきたりするのかな・・・。

これまでただただじっと座って自分の世界の中だけに生きていた患者が、自分の好きな音楽(パーソナルソング)を通じて言葉を見つけ、周囲とのコミュニケーションを復活させ、外の世界とのつながりを再構築できる様子は、本当に心に響きました。

作品中はその他にも、薬物治療の問題点(アリセプト開発者がコメントを寄せていたのも印象的でした)、音楽の力、少子高齢化社会、現代社会でのお年寄りの立場といった話題についての言及もあって、学ぶことも非常に多い作品でした。

この作品が、多くの人の目に触れることを祈ります(^^)。
関連記事

カテゴリ: 【3】 認知症 

テーマ: 認知症いろいろ - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2014/12/22 Mon. 00:02    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

Now on Instagram

Twitter

My bookshelf

Recommended books for you

Search in this blog

Send mail