FC2ブログ

ひびまみ

心がちょっとラクになるのをお手伝いしたいブログ。

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

『10キロやせて永久キープするダイエット』 


山崎潤子 著 & 海保博之 監修の『10キロやせて永久キープするダイエット』を読みました。

[ 続きを読む]

カテゴリ: 【1】 本の紹介

テーマ: モノの見方、考え方。 - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2018/12/12 Wed. 23:07    TB: --    CM: --

大掃除みたいなこと。 


12月です!年末です!
大掃除がめんどうくさいです!

昔から、ガッツリ時間をかけて家じゅういろんなところを集中的に掃除!というタスクをこなせる根気とスタミナがありません。たとえば「今日はこれから台所をピカピカに!」みたいな計画を立ててしまうと、それはなんとか頑張れたとしても、そこから後のお掃除計画はドミノ倒しになりそのまま霧散という運命をたどります。

そんなわけで、毎年12月になると、私の根気とスタミナでもなんとかなる大掃除プランを立てます。それって、1日10分程度できそうなことを月初から月末にかけてじわじわとやっていくスタイルです。

「え、なに?それだけで家じゅうしっかり大掃除できるの?!」って思いますよね?

できないです!(笑)
遊びに行っちゃってお掃除しない日もあるし!(笑)

でも、ふだんの掃除で見てみぬふりを続けてしまった箇所に意識的にアプローチするスタイルなので、ずっと気になっていたところが片付いたり、ピンポイントな汚れがさっぱりしたりして、「お掃除したった♪」感は味わえます(※個人的な感想です)。

ちなみに今年の12月はどんな風に大掃除を進めているかというとね、

・ある日はリビングの窓を掃除。
・次の日はその隣の部屋の窓を掃除。
・冷蔵庫の野菜室を掃除&整理整頓という日もありました。

…毎日こんな程度です。
でも、こんな程度なのでうまいこと続いています(えへん)。

ちなみに今日はね、読み終えた本を寄付に出しました。

東日本大震災直後から「陸前高田市図書館ゆめプロジェクト」を応援していてね、古本自体というよりは古本を買い取ってもらった時の金額が、図書館再建&書籍購入の資金になるっていうプロジェクトなの。

でね、昨年の夏ついに図書館が再建されて開館し(やったー!)今は書籍の調達資金を募っている段階なんですって。最近は電子書籍を購入することも多くなったけれど、紙の本もやっぱりまだまだ手に取るから、これからも支援を続けていきたいと思っています。で、集荷の手配(5冊以上で送料無料)と引き取りで、とある日の大掃除完了~♪

そんな感じでじわりじわりと進めていきたいと思いますよ~。

私みたいに根気とスタミナのない皆さん(きっといるよね?)、大掃除、それっぽく頑張ろうね♡

カテゴリ: 【2】 日々の話

テーマ: モノの見方、考え方。 - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2018/12/11 Tue. 16:53    TB: --    CM: --

「せっかくだから」を「せっかくだけど」に。 


今日、出かけたついでに図書館の本を返却しました。

2日前に借りた本。15ページほど読んで、どうしても私には合わなくて、そのまま返しました。

著者は有名なコラムニストさんで、本を数冊出していて、雑誌にも連載があって。Amazonではどの本も高評価で、その中でも「抱腹絶倒!」と売り出されていたものを借りたんだけど、残念、私の笑いのツボはそこじゃなかった~!

でね、数年前の私だったらたぶんね、「せっかく借りたんだから最後まで読もう」って頑張ったと思うんですよね。

私ね、本に限らずいろんな場面で昔から、「せっかくだから」って考えがちだった気がします。

例えばさ、お誘いを受けたら「せっかくだから」ってなるし、これどう?って品物をおススメされたらやっぱり「せっかくだから」ってなるし、本を買ったり借りたりすれば「せっかくだから」って最後まで読む感じ。

「せっかくだから」って言葉の背景にある気持ちって、たぶん人それぞれなんだよね。私の場合はね、「せっかくの好意を断ってはいけない」とか「せっかく手に入れたものを無駄にしてはいけない」かな。そんでもってその先にはさ、「相手に申し訳ないことをしてはいけない」って気持ちがあって、それがどこに行きつくかっていうと、「断ることで相手に嫌な思いをさせてはいけない」なんだよね。

でもさでもさ、ちょっと待って、断ることって、そんなに相手に「嫌な思い」をさせること??

…って、数年前にギモンに思っちゃった。

逆の立場で思い出してみたんだよね。「いや、せっかくだけど今回はいいや~」って自分が断られた時、私、どう思ったかなって。そしたらさ、「あ、そうなんだ、じゃまた今度ね」なんだよね。そりゃまあ残念は残念だけれども、だからといって「え!なに!断るの??キィー!(悔)」とかならないし、その後何日も何か月も「キィー!」ってなったままでもないし。むしろ毎日やることも考えることもいっぱいで、私の場合残念な気持ちが続くのって長くても45秒…いや、もっと短いかも。いずれにしても、さらっと終わっちゃう。

もちろんこういうのってホント人によると思うから、中には「大事なお友達への好意が断られて凹んじゃった」みたいな悲しい経験を持つ方もいるかもしれないよね。ただ、私に個人に限って言えば、「せっかくだから」っつって受け入れてもらえても、「ありがとう、せっかくだけど」って断られても、どちらもOKってところに着地しちゃった。

そのあたりから、本も「せっかくだから読む」から「せっかくだけど読まずに終える」に抵抗なくシフトできてラクになった感じするし、その他の場面でも「ありがとう、せっかくだけど~」って言えるようになってこれまたラクになったかな。そんで、またまた私個人に限って言えば、私が「せっかくだけど~」って断った時の周りのリアクションは「そうなんだ、了解~」なんだよね。だいたい私のリアクションと同じかな。

「せっかくだから」と好意をありがたく受け入れるもよし、
「せっかくだけど」と感謝しながらお断りするのもよし。
今はそんな風に思っているよ。

さ、次は相性の良い本と出会えるといいな~!

カテゴリ: 【2】 日々の話

テーマ: モノの見方、考え方。 - ジャンル: 心と身体

[edit]

Posted on 2018/12/07 Fri. 23:40    TB: --    CM: --

Greetings!

Categories

Recent entries

Archive

My bookshelf

Search in this blog

Send mail

Stuff You Might Like